2020年小代雪投げ合戦

2020年2月1日㈯ 2日㈰の2日間、小代健康公園にて『兵庫県雪合戦大会』が開催されました。

一般・レディース・ジュニアの3部門で5市町村から53チームが参戦‼

記録的な雪不足により雪玉の代わりに室内用の公式級(お手玉)を使い白熱した戦いが繰り広げていました。

そして選手らを応援する為、小代の方々や団体が小代の食材を使った手料理を振舞っていました★

大日祭

1月28日㈫香美町小代区東垣の大日堂で但馬牛の安産や家内安全などを祈願する『大日祭』が行われました。

かつて一家に1頭の雌牛うを飼っていた東垣地区で約300年前から、子牛の誕生が多いこの時期に続けられている伝統祭です。

早朝に牛の世話を済ませた農家らが次々と参拝に訪れていました。

大日如来像に手を合わせた後、いろりで暖を取りながら振舞われた甘酒やしか汁で一息つき、

牛舎の入口や柱に貼るお札を購入されていました。

今年の目標は、美方郡産但馬牛の飼育システムが世界遺産認定を目指す年です‼

香美ングフロアinグランフロント大阪

1月14日㈫~2月2日㈰の間、グランフロント大阪北館6階にて開催イベント中の

『COMING(香美)‼ FLOOR』

1月24日㈮「焼きガニの振る舞い」に参加いたしました。

大好評‼

瞬殺でカニ300本が無くなりました‼

ウメキタフロア14店舗では、香美町の旬の食材を使用したメニューを期間中提供しています。

小代からは牛匠上田「但馬玄」山の駅SHAKUNAGE「但馬玄牛すじコロッケ」峰鹿谷「ジビエ小代猪」がエントリーしました。

香住からは香住ガニ、村岡からは香美いちごが参戦‼

新聞とTVの影響もあり大繁盛しています‼

是非、期間中に足を運んでみてください★

 

 

 

百万遍念仏

複数の人間が同時同音で念仏を唱えることによって互いの念仏の功徳を融通することが出来るとする考え方もあります(例えば、10人が10万回の念仏を同時に唱えることが出来れば、10×10万=100万となり100万回念仏を唱えたのと同じ効果があるとされています)。

また、念仏の際に数取りのために大型の数珠をこすり合わせながら行う場合もあります(複数で行う場合には数珠も揃える必要があります)。

小代地区唯一となる広井で令和2年1月11日㈯に百万遍念仏が行われました。

日本の様々な寺院や地域の間において、鎮魂・追善・農穣・除災などを目的として百万遍念仏を行っているでしょう。

 

香美町グルメ梅田に出陣

 

 

兵庫県香美町産の食材を使った

料理フェア『 カミ(香美)ング!フロア 』

が14日から2月2日まで大阪市北区の大型複合施設「グランフロント大阪」北館6階の

ウメキタフロアで特別メニュー22品を提供します。

1月24日㈮香美町小代観光協会も参戦いたします!!

★是非、お越しください★

 

謹賀新年

皆様へ

令和2年正月3

本年も香美町小代観光協会・小代物産館を宜しくお願い致します。

令和2年1月2日㈭から通常通り会館しております。

左一枚目 前回ご紹介したガヤとユズリハを使った立派な『しめ縄』

左二枚目 1月1日現在の小代区神水(上流)

左三枚目 1月1日現在の小代区神水(下流)

右 1月2日初詣しに行った光明寺

師走の小代物産館

香美町小代観光協会は小代物産館の管理も行っています。

小代物産館の入口には無人販売所がありますが、この年末にはお正月用の飾り物が並んでいます。

正月には欠かせないユズリハ・ガヤ・ヘンダラシバ。

ユズリハは家の周りに植樹されていますが、大変なのはガヤの採集。

急勾配なのり面に自生する植物で採るのが困難なのです。

ヘンダラシバは山のサカキ(榊)と言われ、但馬の山間部では代用される植物です。