自習室プロジェクト‼

今現在コロナウイルスの影響で近隣の小中高校が3月15日まで休校している中、

子供たちの為に香美町小代区神水の山の駅SHAKUNAGEが

「自習室プロジェクト」を始めました。

何時間居ても1日1,000円で昼をまたぐ場合は昼食付(学生のみ)‼

3月末まで実施予定です。

水曜日から金曜日の午前8時から午後3時まで利用できます。

利用する際は電話0796-80-1609にお問い合わせください‼

★共働き世帯・シングル世帯にとって心強いですね★

子ども達にとっても良い気分転換になると思います☆

是非、ご利用ください‼

20200307_110307

小代スキー場情報

本日

天候  晴れ

気温  0.5℃ (7時30分時点)

積雪  30㎝

ゲレンデ  全面滑走可 (ゲレンデ上部 圧雪整備済 中腹から下部 未整備)

お知らせ  キッズパーク・ドッグラン 営業中

スライドショーには JavaScript が必要です。

小代スキー場

本日の状況

天候 曇り時々晴れ 気温 -1℃ (7時30分時点)        積雪 50cm

今日は天候が良くDOG RAN スペースにワンちゃん達が楽しそうに走り回っていました🐕♫

スライドショーには JavaScript が必要です。

最高のスキー日和

令和2年2月7日㈮ 天気:快晴 気温:-7 (7:30時点) 積雪:70cm

最高のスキー日和となりました✨

子ども達も大喜びでスキーを楽しんでいました♫

スライドショーには JavaScript が必要です。

除雪中💦

2月6日㈭今年初の大雪が見れました‼

積雪50cm‼

除雪機初起動しました‼

初起動をしてから2時間、その間も雪は降り積もり

イタチごっご状態で切りがないくらい降っていました‼

やっと雪が降ってくれたおかげで子供たちや

スキー場が大喜びの顔が思い浮かびますね⛄🎶

やっと・・・

暖冬により営業困難に陥っていたおじろスキー場。

先日降り積もった雪のおかげで、2月2日㈰やっと営業開始となりました。

積雪は25㎝とまだまだ不安が絶えないとのことです。

おじろスキー場のゴンドラ内に小代のお店を紹介したパンフレットを小代観光協会で作ったのでゲレンデに付くまで見てみてください‼

パンフレットにお店情報が掲載されているインターネット(QRコード)を検索してみてください★

 

2020年小代雪投げ合戦

2020年2月1日㈯ 2日㈰の2日間、小代健康公園にて『兵庫県雪合戦大会』が開催されました。

一般・レディース・ジュニアの3部門で5市町村から53チームが参戦‼

記録的な雪不足により雪玉の代わりに室内用の公式級(お手玉)を使い白熱した戦いが繰り広げていました。

そして選手らを応援する為、小代の方々や団体が小代の食材を使った手料理を振舞っていました★

大日祭

1月28日㈫香美町小代区東垣の大日堂で但馬牛の安産や家内安全などを祈願する『大日祭』が行われました。

かつて一家に1頭の雌牛うを飼っていた東垣地区で約300年前から、子牛の誕生が多いこの時期に続けられている伝統祭です。

早朝に牛の世話を済ませた農家らが次々と参拝に訪れていました。

大日如来像に手を合わせた後、いろりで暖を取りながら振舞われた甘酒やしか汁で一息つき、

牛舎の入口や柱に貼るお札を購入されていました。

今年の目標は、美方郡産但馬牛の飼育システムが世界遺産認定を目指す年です‼

香美ングフロアinグランフロント大阪

1月14日㈫~2月2日㈰の間、グランフロント大阪北館6階にて開催イベント中の

『COMING(香美)‼ FLOOR』

1月24日㈮「焼きガニの振る舞い」に参加いたしました。

大好評‼

瞬殺でカニ300本が無くなりました‼

ウメキタフロア14店舗では、香美町の旬の食材を使用したメニューを期間中提供しています。

小代からは牛匠上田「但馬玄」山の駅SHAKUNAGE「但馬玄牛すじコロッケ」峰鹿谷「ジビエ小代猪」がエントリーしました。

香住からは香住ガニ、村岡からは香美いちごが参戦‼

新聞とTVの影響もあり大繁盛しています‼

是非、期間中に足を運んでみてください★

 

 

 

百万遍念仏

複数の人間が同時同音で念仏を唱えることによって互いの念仏の功徳を融通することが出来るとする考え方もあります(例えば、10人が10万回の念仏を同時に唱えることが出来れば、10×10万=100万となり100万回念仏を唱えたのと同じ効果があるとされています)。

また、念仏の際に数取りのために大型の数珠をこすり合わせながら行う場合もあります(複数で行う場合には数珠も揃える必要があります)。

小代地区唯一となる広井で令和2年1月11日㈯に百万遍念仏が行われました。

日本の様々な寺院や地域の間において、鎮魂・追善・農穣・除災などを目的として百万遍念仏を行っているでしょう。