百万遍念仏

複数の人間が同時同音で念仏を唱えることによって互いの念仏の功徳を融通することが出来るとする考え方もあります(例えば、10人が10万回の念仏を同時に唱えることが出来れば、10×10万=100万となり100万回念仏を唱えたのと同じ効果があるとされています)。

また、念仏の際に数取りのために大型の数珠をこすり合わせながら行う場合もあります(複数で行う場合には数珠も揃える必要があります)。

小代地区唯一となる広井で令和2年1月11日㈯に百万遍念仏が行われました。

日本の様々な寺院や地域の間において、鎮魂・追善・農穣・除災などを目的として百万遍念仏を行っているでしょう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中