師走の小代物産館

香美町小代観光協会は小代物産館の管理も行っています。

小代物産館の入口には無人販売所がありますが、この年末にはお正月用の飾り物が並んでいます。

正月には欠かせないユズリハ・ガヤ・ヘンダラシバ。

ユズリハは家の周りに植樹されていますが、大変なのはガヤの採集。

急勾配なのり面に自生する植物で採るのが困難なのです。

ヘンダラシバは山のサカキ(榊)と言われ、但馬の山間部では代用される植物です。

山陽ジオパークみんなでおしゃべり2

令和元年12月19日㈭ 9:45 ~

会場 鳥取大学広報センター内(コミュニティーデザインラボ)

山陽海岸ジオパークの研究発表、アクティビティでのジオ活用講座

鳥取大学の教授や学生がそれぞれの研究の発表を聞きながら疑問に思ったことをグループ内で話しをしたり、発表者に質問をしながらワイワイと山陽ジオパークについてお話をしてきました。

川の研究発表や海の生き物についての発表もあり凄く興味を持ってお話を聞くことが出来、有意義な時間を送れました。

また参加してみたいです。

ひょうごの景観ビューポイント150選

県政150週記念で県内150ヵ所「ひょうごの景観ビューポイント150選」に選ばれた『うへ山の棚田』

但馬で31ヵ所、内香美町5ヵ所(4ヵ所は香住海岸沿い)、山側で唯一選ばれたのはこの棚田。

雪積直前の『うへ山棚田』も何か物寂しさを感じられる一つの小代冬景色。

雪が積もると光輝く『雪のうへ山棚田』も近々見れるのを楽しみにしています。

但馬因幡探求クラブ開催セミナーに参加

12月7日㈯ジオsen.s主催のリース作り体験セミナーに参加させて頂きました。

小学生以来の体験でワクワクドキドキしながら体験セミナーを受けました。

リース作りでは、新温泉町に自然に生えている四季折々の草花をドライフラワーにしたものをリース台に付けていきました。

そして、四季折々の草花の名前を教えて貰い、自然に触れ合いながら素敵なリースが完成しました。

主催のジオsen.sは、兵庫県北部、新温泉町を中心に自然体験イベント、ジオパークガイド等を展開して様々な事を地元の方や他県の方に知ってもらう活動をされています。

小代にも活かせられるセミナーが多数あるとの事なのでこれからも参加して勉強したいなと思います。

スキー場OPEN間近❕❕

令和元年12月7日㈯

ハチ高原スキー場OPEN‼

ハチ北スキー場積雪15cm!!

令和元年12月9日㈪

おじろスキー場 山開き‼

令和元年12月21日㈯

おじろスキー場OPEN!!

★香美町スキーシーズン到来★

是非、今シーズンもスキー&スノボーで冬のスポーツを堪能しましょう(≧▽≦)♪♪♪

日本遺産認定記念シンポジウム

11月30日土曜日10時~12時半鳥取市国府町コミュニティセンターで日本遺産記念シンポジウムが開催されました。

本年度香美町では、『但馬牛を育んだ環境』が日本遺産に認定。

引き続きお隣の因幡の麒麟獅子舞のストーリー

『日本海の風が生んだ絶景と秘境・幸せを呼ぶ霊獣・麒麟が舞う大地「因幡・但馬」』認定。

日本遺産記念シンポジウムでは

因幡と但馬の伝統芸である麒麟獅子舞を

智頭農林高等学校郷土芸能部と諸寄麒麟獅子舞保存会が演舞を披露。

丁野 朗氏による『日本遺産の可能性~認定例から見る活用手本』の基調講演。

『日本遺産を生かした圏域の活性化の手本について』

丁野 朗氏と6名のパネリストと共にパネルディスカッション。

とてもためになるお話がたくさん聞けて充実した講演でした。

これからも地域が活性化するように色々課題がたくさんありますが

1つ1つ課題を乗り越えてより良くしていけるように頑張りたいなと思っています。

会場横の因幡万葉歴史館前では、山陽三ツ星マーケットが開催していました。